読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー、無職、うつ病主夫の “終わりなき旅”

うつ病により無職となり、主夫として生活する博士くんが発信する日々のあれこれ。

時が経てば…

時が経てば笑っちゃうことだってあるんだから
時が経てば忘れちゃうことだってあるかもよ

斉藤和義「時が経てば」より

特にこだわるつもりはないのだけど、まもなくブログを始めて丸一年が経ちます。

時が経つのは本当に早いものです。

最初はハイペースで更新していたブログも、最近はすっかりマイペースです。

自分のペースでやれるようになったという点では進歩かもしれません。

 

さてさて、冒頭の歌詞。最近のお気に入りです。

斉藤和義の新譜がとても良いのです。

特に、この「時が経てば」と「さよならキャディラック」が個人的に好きですね。

「時が経てば」という曲は、いつだったかTVで歌っているのを見たことがあって、だいぶ前に作られた曲だと本人が話していました。

 

病気になってからというもの(なる前もそうですが)、嫌なことがあったり、ストレスがかかると、僕はすぐにそれを取り除きたい気分になります。

でもそう思えば思うほど、悩みは頭から離れるどころか、より大きなものになっていくのです。

悩みをすぐに解決できるに越したことはありませんが、時間が自然に解決してくれることもあるんだな~って思います。まさに「時が経てば」の歌詞のように…。

 

それから、星野源も「エピソード」という曲の中でこう歌ってます。

どんな話でも大丈夫

15分もすれば 次のエピソード

 

時間って常に流れているから、時間が救いになることはたくさんありますね。

あんだけ辛かった出来事も、今ではその辛さを1%くらいにしか感じないことだってあります。

悩んでも解決できないことは、時の流れに身を任せじゃないけど、ケセラセラで行けばいいのかもしれない。

 

今度から、辛くなった時は、そんなことを考えてみることにしよう。

辛くなった時は、「時が経てば」と「エピソード」を口ずさんでみることにしよう。

 時が経てば忘れちゃうことだってあるかもよ

 

広告を非表示にする