アラフォー、無職、うつ病主夫の “終わりなき旅”

うつ病により無職となり、主夫として生活する博士くんが発信する日々のあれこれ。

心配しないでいい。きっと大丈夫だ。

週末、少し体調を崩し、自暴自棄になったり、こころが忙しかった博士です。

しかし、2~3日でいつもの調子を取り戻したことは成長の証だと思っています。

過去は戻らないわけで。リカバリーが大事なわけで。

月曜日に、気分を変えようと、ふらっ~と一人小旅行に出掛けたのも良かったのかもしれない。

 

体調を崩す傾向というか、パターンは自分で分かっていても、そのゾーンに入ってしまうとそこから出るのが難しい。昔よりは脱出するのが早くなってはきたけど…。

自分のこころの動きに気づいている分だけ、立ち直りが早くなってきたのかな。

僕の場合、経済的なことで悩むと、ドーーーン!と落ち込むのです。自分なんて価値のない人間だと、とことん思い詰めてしまいます。

普段から、稼げないという引け目を抱えているからでしょう。

 

でも今は仕方がない。やれることはやっているのだから。

日々は続いている。代わり映えしない毎日だけど、それでも日々は続いている。

だから、何度も自分に言う。今を生きるしかないのだと。

 

毎日のように読書をしていますが、啓発本で随分こころが元気になります。

あと、ご飯支度までの間に映画を観る習慣がついているのですが、映画もこころを温めてくれます。

たくさんのことを学んでいる気がします。

だから、心配しないでいい。きっと大丈夫だと思うから。