読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー、無職、うつ病主夫の “終わりなき旅”

うつ病により無職となり、主夫として生活する博士くんが発信する日々のあれこれ。

一日一外出。罪悪感より「◎」つけよう。

◆日々のあれこれ(なんでも日記) ◆映画の話 ◆家事の話 ◆病気の話

今日はなんとなく午後に外出しようと思っていたのだが、11時頃から眠気が襲ってきて、気が付いたら13時を過ぎていた。

なでしこJAPANが1点を守りきって勝利したことに気づくとともに、寝起き直後のユウウツ感がやってくる。おまけに寝てしまったという罪悪感もいつものようについてきやがる。 

それでも腹は減るので、牛乳をチンしてインスタントコーヒーを入れた自家製カフェオレと食パン2枚を食べる。しかし、その後もいまいちテンションが上がらないので、DVDを観ることに。「小野寺の弟・小野寺の姉」という映画。そこそこ面白かった。

今日のようなテンションの時にはピッタリな映画で、途中クスクス笑う要素あり、切ない要素あり、恋愛模様ありで結構楽しめた。そして片桐はいりさんは相変わらずいい味を出していらっしゃる。

 

映画を観終わった後の気持ちが良かったので(※余談⇒読書の後は読後感と言うけれど、映画の観賞後はなんと言うのだろう?!はて…)、徐々に気分も上がってきて、少し早いけど料理をした。本日は豚肉を焼く予定なので、それ以外のもの⇒「人参のグラッセ」と「ソーセージとキャベツとトマトのコンソメスープ」を作る。なかなか美味くて嬉しくなる!

 

とまあ、こんな感じで、夕飯の支度も出来たので、雨だけど外出することにした。よっぽどのことがない限り、「一日一回は外に出よう」と決めていて、やっぱりそれで気分が変わることは多い。今日もなんとか外に出ることができた。よしよし。

 

古本屋に行って、水島広子さんの本を買う。色んな本を読んできたが、自分との相性ってあるもので、水島さんの本はとても理解しやすくて僕には合っている。まもなく新刊が出るはずなのでそちらも楽しみ。確か、自己肯定感に関する内容だった気がする。

 

音楽を聴きながらテクテク歩き、古本屋で本を買い、コンビニでお菓子を買う。

たったこれだけのことだけど、閉じこもっているよりはやっぱりマシだ。人と話をする機会がないので、ひとまずコンビニの店員さんにお礼を言う(声は小さいが話す練習にはなるのだw)。

 

最近の僕は、罪悪感と自己嫌悪に悩まされることがよくある(最近というか以前からずっとか…汗)。けど、あまり自分を責めずに日々生活した方が楽に決まっている。

とりあえず、今日については映画観賞や外出をすることで気分を変えることが出来たので◎である。

うーん、これからはいちいち◎をつけようと思う博士なのであった。。。

あ、そう言えば、今日はロックの日だったな!