読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー、無職、うつ病主夫の “終わりなき旅”

うつ病により無職となり、主夫として生活する博士くんが発信する日々のあれこれ。

趣味は仕事ではないんだよなぁ。

前回のブログで、読書は好きだけど活字は嫌い!という、なんとも矛盾めいたことを綴った博士でございます。おはようございます。ペコリ。

 

今日は、最近の読書備忘録を記してみようかと。。。

先日、ようやく宮部みゆきさんの「ソロモンの偽証」を読み終えました!

文庫本で6冊という物凄いボリュームでしたが、なかなか読みやすく楽しめました。

ちなみに一番好きな作家はやっぱり村上春樹さんです。

 

ソロモンの偽証を読み終えたので、今は佐藤正午さんの「鳩の撃退法」を読み始めました。以前、NHKのドラマ10で佐藤正午さん原作の「身の上話」が面白かったので、その後何冊か読みました。独特の展開が大好きです。面白い!

 

そして、鳩の撃退法を読み終えてもいないのに、我が家には何冊か未読の本があります。図書館に行くと、返却期限までには絶対に読みきれないということはわかっていながら、ついつい借りてしまいます。借りるだけで楽しかったりします。

今、本棚には、本多孝好さん、窪美澄さん、井上荒野さん、伊坂幸太郎さんの小説、それから星野源さんのエッセイ。トイレに置いてある本もあります(笑)。トイレはお気に入りの読書スペースなんです。

 

病気に関する本も結構読んでいます。中でも精神科医の大野裕さん、水島広子さん、斎藤茂太さんの本はよく読んでいて、すごくためになります。

 

あとは、マンガを時々ツタヤで借りていますね。いろいろ借りますが、僕は島耕作シリーズ(弘兼憲史さん)やグラゼニ、あとは三田紀房さんの作品なんかが好きです。

 

ただ、これも性格でしょうか。。。一気に借りてしまう。一気に読んでしまわないといけないという衝動にかられることがあります。せっかちなんですよね。仕事をしていた時も、とにかくスピード重視でやっていたので、がんばりすぎて燃え尽きてしまったんです。

主治医に、“趣味も仕事みたいにしてしまうようですね”と言われたことがあります。確かになぁって思います。

もちろん、悪い事ではないと思うけど、それによって疲れてダウンしてしまうようならやりすぎってことなんでしょうね。

 

てなことで、今日はのんびりする1日にしたいと思います!