アラフォー、無職、うつ病主夫の “終わりなき旅”

うつ病により無職となり、主夫として生活する博士くんが発信する日々のあれこれ。

最近の生活

2回目の更新になります。

この病気になって、なんだかんだで10年近く経つのですが、過去を振り返ると、いろいろなことがありました。ありすぎました(笑)書きたいことは、まぁそれなりにあるのですが、今までのことを全部書こうとは思わないし、そもそもそんなことできないわけで。。。

つまり、何が言いたいかというと、できるだけ「今」自分が感じていることを書くだけだということです。

そりゃ、とことん暗い記事や、病気ならではの重たい話を書くこともあるでしょう。

だけど、たまにゃあ~良いこともある。うつ病自体が波のある病気なので(病気に限らず生きてれば気分の波はあるもんですが)、その時々感じていることを思いつくままに綴っていくつもりです。ただ、元気がないのに、元気を装ったり、前向きになりすぎたりすると自分が疲れるし、このブログの意味もなくなってしまうので、見栄を張らずに、言える範囲のことを素直に言葉にしていこうと思っています。

 

前置きが長くなりましたー。

今日は、最近の生活についてです。

ここ最近、調子は少しずつ良くなってきていて、外出もできるようになりました。基本一人での活動ですが(汗)。…まだ知り合いに会うのは、“自分が情けない”という気持ちが強くて難しいのです。それでも毎日外に出られるようになったのは良いことです。

 

丸一日外出できるほどの体力はまだないので、今は、午前中だけとか、午後だけの外出をして残りの半日は家で過ごしています。

例えば・・・朝は、6時に起きます。早い!とくに最近早く目が覚めてしまうんです。この辺は心身の状態によってコロコロ変わります。ま、とりあえず今はなぜか早起き。

朝は、簡単に家事をする時もあります。軽く掃除したり、洗濯したり。

それで落ち着いたら外出するわけですが、行くとこないし、やることないしで大変な日々がしばらく続いていました。でも最近は、図書館やカフェで読書をしたり、100均や本屋さんとかいろんなお店をフラフラしたり、ツタヤやゲオに行ったり。。あとはなんだろ?!ウォーキング、銭湯、、、とまぁこんな感じですかね。あ、あとは晩御飯の買い物なんかをします。意外と時間を潰すのは大変なんですよね。人恋しい時もありますが、今はわりと慣れてきました。

 

家に戻って来てからは、借りてきた映画を観たり、ネットをしたり、趣味の絵や版画をしたりして、夕方から食事の準備に取り掛かります。途中疲れて昼寝をすることもしばしば。

 

こんな生活をしばらく続けていて、さすがに引きこもっていた時よりは精神状態は上向きですが、スーパーに行っても主婦の人たちだらけだし、働いていない自分を責めることはよくあります。働けない自分が情けなくなると、本当に落ち込むものです。

 

でも、とりあえず「今やれることをやる」しかないわけで、長い目で見ていくしかないんだろうな・・・と自分に言い聞かせつつ、反面、この先どうなるんだろうという不安はいつも付いてまわります。

 

先日、主治医から勧められた本を読んだんですが、生きていればなんとかなるという内容のものでした。辛い時は頭に入らないもんですが、とりあえず今日も僕は生きている。今日のところはそれで良しとします。今のところ、一番の楽しみは「髪を切ること」。パーマとカラーでイメチェンしてみようと思っています! 

 

広告を非表示にする